スポンサードリンク

山田邦子のプロフィール

山田邦子とは

山田邦子とは

名前:山田邦子(やまだくにこ)
本名:後藤邦子(旧姓:山田)
ニックネーム:邦ちゃん、クニクニ
生年月日:1960年6月13日
出身地:東京都板橋区
血液型:B型
身長:168cm
事務所:太田プロダクション
活動時期:1981年 -

山田 邦子(やまだ くにこ、1960年〈昭和35年〉6月13日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者、小説家である。戸籍名、後藤 邦子(ごとう くにこ)。旧姓、山田。愛称は邦ちゃん。 太田プロダクション所属。
山田邦子は1980年代〜90年代に活躍した芸人

山田邦子は1980年代〜90年代に活躍した芸人

1981年、ドラマ『野々村病院物語Ⅱ』(TBS)で女優デビュー。1980年代前半を中心に女優としての仕事もこなしたが、やがてお笑いタレントへの比重を移し、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)に番組初期から末期まで出演。「ひょうきんベストテン」では主に薬師丸ひろ子(後に天久美智子、現:あめくみちこに交代)や欧陽菲菲、島倉千代子、松任谷由実、鈴木聖美などを演じ、担当コーナーである「ひょうきん絵描き歌」は大ヒット企画になった[9]。
その後、『クイズ!年の差なんて』(フジテレビ)や『MOGITATE!バナナ大使』(TBS)などが人気番組になると同時に、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』(フジテレビ)や『邦子がタッチ』(テレビ朝日)など自身の名前が入った冠番組を持つようになる。1988年から1995年まで、NHK「好きなタレント調査」において8年連続で第1位を独占。好感度タレントの代名詞ともなった。全盛期にはテレビ番組のレギュラーを週14本抱え、民放の各キー局に山田専用の「仮眠室」があったと自称している[20]。1989年公開の映画『魔女の宅急便』(宮崎駿監督)では、松任谷由実作詞・作曲の主題歌を山田が覆面歌手となって松任谷風に歌うというアイデアも存在した[21][22]。
ゴールデンタイムで冠番組を持った女性ピン芸人は、山田以外皆無とする声もあり、芸能界あるいは放送業界では女性で唯一天下を取ったお笑いタレントと評する向きもある[25][26][27]。

山田邦子が消えた? 干された理由や最近の活動は?

全盛期は月に1億も稼いでいた山田邦子

全盛期は月に1億も稼いでいた山田邦子

バブル時代は月収1億だったことを語っています。

バラエティ番組のイメージが強い山田だが、実は、意外なことにデビューはドラマで、当時は芸能事務所に所属せず、1人でマネージャー業務もこなしていたのだとか。その後、大手芸能事務所に所属すると、給料が歩合制になった途端、月収が6倍になったと明かす。
お金の話に目がない岡村と亮は、過去の最高月収について質問。するとバブル時代を振り返り「1億円くらいかな……」とまさかの発言が飛び出し、桁違いの額にあ然とする。そんな中、山田は岡村に対して「あなただって稼いでいるでしょ?」と問いかける。それに対して岡村は何と答えるのか?
そんな山田邦子が「消えた?」と噂されている

そんな山田邦子が「消えた?」と噂されている

かつては若手有望株として大きな注目を集めた山田邦子ですが、2000年代に入ってからはほとんどその姿をテレビで見る日はなくなってしまいました。

確かに、1995年を境にテレビから姿を消した……

確かに、1995年を境にテレビから姿を消した……

山田邦子自身、当時は「出過ぎてブームが終わった」「『あいつばっかり』とみんなが悔しがり、かなり激しいブロックにあった」と自己分析していますが……。

『唯一天下をとった女芸人』と称された邦子だが、95年を境に仕事が激減。週刊誌のバッシング記事が続いて人気も凋落し、テレビから姿を消した。
2015年、邦子が『サワコの朝(TBS系)』に出演した際、テレビの露出が減った原因を「出過ぎてブームが終わった」「『あいつばっかり』とみんなが悔しがり、かなり激しいブロックにあった」と語ったが、実際はどうなのだろうか。
山田邦子が干された本当の理由は「不倫」!?

山田邦子が干された本当の理由は「不倫」!?

当時、山田邦子は妻子ある男性との不倫愛をスクープされています。

95年のNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』の吉宗の生母・浄円院役に抜擢されたが、視聴者に不評だった。また、同年にスタートした昼の帯番組『山田邦子のしあわせにしてよ(TBS系)』が期待を裏切り低視聴率だったことも人気凋落のきっかけには違いない。
しかしそれよりも、写真週刊誌『FOCUS(フォーカス)』で、妻子ある男性との不倫をスクープされたことが決定打だろう。
その時に井上公造に発した暴言が好感度を下げた……

その時に井上公造に発した暴言が好感度を下げた……

不倫騒動について追いかけ回された挙句、芸能レポーターの井上公造に吐いた暴言がテレビで放送されました。

その結果、好感度がダダ落ちに……。

芸能レポーターに追い回されて嫌気がさしていた邦子は、芸能レポーターの井上公造にぶちギレた。「お前、もてないだろう」「バカじゃないの」などと罵倒したシーンが繰り返しワイドショーで放送され、好感度も人気も急降下した。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連するキーワード

関連するまとめ

野沢直子の学歴!出身高校や英語力もまとめ

1980年代に活躍していたお笑いタレント野沢直子さん。 今回は野沢直子さん英語力や学歴、出身大学・高校・中…

さくら / 19 view

馬場園梓の性格&彼氏と結婚情報!元カレ・チャンカワイの結婚に対する反応とは?

お笑い芸人アジアンの馬場園梓の性格や彼氏スキャンダル、結婚などについてまとめています。元カレでチャンカワイの…

geinou_otaku / 14 view

尼神インター誠子の学歴!出身高校・昔や若い頃まとめ

誠子さんはお笑いコンビ「尼神インター」のメンバーです。 今回は尼神インター誠子さんの学歴や出身大学・高校・…

さくら / 50 view

大久保佳代子の病気&腫瘍や癌の情報まとめ!リウマチ大丈夫?

人気お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子。リウマチを患っているようですが大丈夫でしょうか?そして以前番組内…

sagada / 44 view

上沼恵美子の若い頃・昔と現在まとめ!前の人気はアイドル並み

毒舌キャラでどちらかというと怖い印象のある上沼恵美子さん。しかし昔はアイドル並みの人気を博していたんです!若…

マギー / 47 view

千秋と遠藤章造の離婚原因が衝撃!子供(娘)の現在も総まとめ

千秋とココリコ遠藤章造の真実の離婚原因が離婚9年後に明らかとなりました。遠藤の浮気が原因とされていましたが翻…

マギー / 94 view

渡辺直美は台湾ハーフ!父親&母親や美人すぎる姉など家族まとめ

お笑い芸人としてだけでなく、インスタの女王として、日本国内のみならず世界各国から人気の渡辺直美。そんな彼女の…

geinou_otaku / 11 view

スポンサードリンク

この記事を書いたライター

geinou_otaku

芸能人関係の情報に詳しい芸能オタクです。最新の芸能ニュースや気になる芸能人ネタを記事にしています。

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

おかもとまり&もう中学生の熱愛破局説の真相とその後まとめ

兼ねてから噂されていたおかもとまりともう中学生の交際説。しかし、実は交際には至っていなかったという事実が判明…

geinou_otaku / 59 view

おかもとまり入院で激やせ?統合失調症で解雇?真相や現在の様子まとめ

モノマネタレントとして活躍していたおかもとまり。2016年頃から入退院を繰り返し、その結果、激やせして別人レ…

geinou_otaku / 54 view

キンタロー。が消えた?前田敦子が容認した理由や現在の活動まとめ!

前田敦子のモノマネで一躍ブレイクを果たしたキンタロー。ですが、その後は目立った活躍もなく、「消えた?」と噂さ…

geinou_otaku / 27 view

久本雅美と内村光良が不仲で共演NGの真実!現在は和解したとの噂も

久本雅美さんと内村光良さんの不仲切についてまとめました。宗教を巡って不仲になり、共演NG!ウッチャンがテレビ…

マギー / 41 view

ブルゾンちえみ(藤原史織)のすっぴん画像&メイク方法まとめ【参考動画あり】

2017年にブレイクを果たしたお笑い芸人のブルゾンちえみ(藤原史織)さんは、特徴的なメイクでも話題を集めてい…

マギー / 20 view

柴田理恵の若い頃&現在の画像!メガネを外して超美人!

ワハハ本舗の柴田理恵さん、実はメガネを取ると超美人!若い頃は笑えるくらい老けていましたが、現在はとても綺麗な…

マギー / 18 view

尼神インター誠子の身長と体重・スタイル・ダイエット方法まとめ

女性お笑いコンビ「尼神インター」のボケ担当、誠子さん。容姿いじりや勘違い女キャラで人気を得ました。最近20キ…

さくら / 413 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

"); } })(jQuery);